loading icon

異常災害

ハリケーン、洪水、地震、テロ活動といった広域異常災害はすべて、大規模な事業損失をもたらす可能性があります。

MDDは、結果として生じた物的及び経済的な損害の定量化の支援することができます。世界有数のフォレンジック会計事務所であるMDDは、9・11のテロ攻撃、東日本大震災及び津波、ハリケーン・カトリーナ、巨大暴風雨サンディ、チリ地震、ならびにクイーンズランド、タイ及びアルバータの洪水といった異常災害の評価において、重要な役割を果たしました。

catastrophe forensic services, catastrophe services, catastrophe forensic accountants

災害が発生した場合、MDDは影響を受けた事業に対して、お客様へ迅速で効果的な対応を行うことを支援します。また、災害チーム(CAT)を結集して、被害地域の付近にコマンド・センターを確保し、必要とされる限り現場にとどまります。さらに、状況に応じたシステム及びチームを構成し、地域、国及び世界の各レベルにおける請求を管理します。

MDDは、異常災害に関して、以下のサービスを提供します。

  • 迅速な特定の機能における解決策の開始
  • 異常災害対応の経験豊かな要員及び災害対応に特化したパートナーの配置
  • 新規及び終了案件のデータベース化、請求及び備金額の管理
  • 棚卸の立会いのサポート
  • 鑑定士チーム全体との協力及びその活動の支援
  • 再建プロジェクトの推移の監視
  • 損失算定基準の確立
  • 文書管理及び保存プログラムの作成
  • 迅速な内払いのための初期における損失額査定
  • 継続的な定期状況報告及び財務分析の提供
  • 多数の少額請求への対応及び評価
  • 必要に応じて、専門家及びコンサルタントとしての証言の提供

異常災害による経済的損害でお困りの場合には、お気軽にMDDにご相談くださ