loading icon

海事

多くのビジネスは河川、湖、海上でも行われ、石油輸送船や貨物船、港湾局、造船所、オフショア精製所、クルーズ船、リバーボート・カジノ等が含まれます。時としてこのようなビジネスも、賠償責任、人身傷害、不法死亡に加え、物的損害又は環境損害により経済的損失を被ることがあります。

MDDは海事における事案において、弁護士、保険会社、米国司法省を支援してきた確かな実績と経験があります。5大陸に40事務所を構える世界有数のフォレンジック会計事務所として、複数の司法管轄をまたぐ最も複雑な事案であっても取り扱うことができます。更に、必要に応じて知識豊富なプロフェッショナルスタッフが、エキスパートレポート及び意見を提供します。

maritime

MDDは、海事に関連する問題に直面したクライアントに以下のサービスを提供します。

  • 利益損害、事業中断、雇用損失の算定
  • 環境汚染賠償責任における損害の分析及び配分
  • 賠償責任、物的損害、人身傷害、不法死亡に関する請求における経済的損失の査定
  • 必要に応じて、経営幹部、従業員、サプライヤー及び顧客との面談
  • 事故のみに起因する損害及び逸失利益の分離
  • 追加費用の定量化
  • 経済的損失を評価するための主要な海事に関する指針及び判例の知識の提供
  • 複数の司法管轄をまたぐ事故の場合における、複数のMDD事務所から召集したプロフェッショナルチームの組成
  • 必要に応じて、民事裁判及び刑事裁判の両方における証拠の準備
  • 鑑定人としての証言
  • 影響期間中の実績売上に影響を与えた可能性がある事故と無関係の事象及び状況の調査

海事に関連する問題でお困りの場合には、お気軽にMDDにご相談ください。

By disabling cookies some features on the website (such as the IRB calculator) will not be available, do you still want to reject cookies?

Yes No