loading icon

石油及びガス

石油は、多くの業界にとって非常に重要な資源であり、世界のエネルギー消費の中でも大きな割合を占めています。全体としての石油の一貫操業は、世界最大の産業になります。

世界有数のフォレンジック会計事務所であるMDDは、石油及びガス業界におけるあらゆる業務、設備、環境に対応した幅広い損失及び損害評価を行っております。

oil loss, gas loss, oil and gas loss

MDDはこれまでに、機器の故障及び火災、洪水、野火、ボイラーの故障及び爆発、不正、従業員による窃盗、並びにその他多くの原因による損失を算出してきました。

MDDは、石油及びガスの損失定量化に関して、以下のサービスを提供します。

  • 運営、財務及び経営記録の精査
  • 主な管理責任者、販売及び業務担当者との面談
  • 業務計画及び業務予測に用いられた基準、仮説及び方法の精査(複雑な線形回帰分析、もしくは生産能力をベースとした簡易分析)
  • 事業中断期間中及び損害以降の事業計画と実績の比較
  • 品質、環境、市場価格といった損失に無関係の要因による影響の検証
  • 損失及び復旧期間中に事業に影響を与えた可能性のある、損失に無関係の業務条件の検証
  • 分析調査の進捗及び結果の明確で迅速な報告
  • 必要に応じて、専門家及びコンサルタントとしての証言の提供

石油及びガス関連の損失でお困りの場合には、お気軽にMDDにご相談ください。

最近の担当案件に関する内容を読むには、こちらをクリックして下さい