loading icon

発電

発電所の建設は、需要拡大、設備の老朽化、及び環境排気物基準の厳格化により、今後20年にわたって世界中で増加することが予想されます。

この業界が直面する課題は、設備の運営、よりクリーンで再生可能なエネルギーのための新技術の開発、既存の発電設備及び送電インフラの更新において、他者に及ぶリスクを生み出すことです。

power generation loss

この特有で困難な業界において、様々な損失及び損害を算定してきたMDDの経験は、運営、設備及び環境と多岐にわたっています。これまでに、ほぼ全種類の水力発電設備、太陽光、風力といった再生可能エネルギー源、並びに石炭、天然ガス、原子力、バイオマス、廃棄物、ディーゼル及びコージェネレーションを含むサーマル・プラントの損害を定量化してきました。

MDDは、発電に関する損失の算定に関して、以下のサービスを提供します。

  • 運営、財務及び経営に関する報告記録の精査
  • 経営幹部及び主要な販売営業スタッフとの面談
  • 発電の予測を立てる際の基準、前提条件及び方法の精査
  • 事故期間中及び事故期間前後の予測及び実績発電量の比較
  • 天候、環境、市場価格といった事故以外による要素の影響の検討
  • 事故と無関係な稼働条件及び事象が、事故期間中の収入に与える影響額の決定
  • 分析の進捗状況及び結果の迅速かつ明確な報告
  • 専門家及びコンサルタントとしての証言の提供

発電関連の損失でお困りの場合には、お気軽にMDDにご相談下さい。