loading icon

有害物質による不法行為

有害物質による不法行為の訴訟は、訴訟当事者にとって特有の課題をもたらす場合があります。科学や医学研究が進むほど、これらの問題による損害を決定するための法的手続きや基準も同様に発達し続けます。このため、何を以て合理的な損害とするのか、最新の基準と直近の見解を知っていることが重要です。

MDDは有害物質による不法行為の分野において数十年の経験を有し、このような事案で生じる特有の課題を理解しています。

toxic tort, toxic torts, tort damages

MDDのフォレンジック専門チームは、上記のような訴訟において、判決により命じられた損害賠償金が公平に分配されるよう、お客様をサポートします。これには、有害化学物質にさらされたことによる損害を被った個人に対する損害賠償金、又は亡くなられた方のご遺族に対しての損害賠償金も含まれます。

MDDは、有害物質による不法行為に関連する事案について、以下のサービスを提供します。

  • 裁判所の損害賠償請求に至った根本的原因の理解を促すための、関連する証拠資料の特定
  • 請求された損害賠償が訴訟原因に直接関連すること、またそれが裏付けられ、合意されたタイムライン内であることの確認
  • 補償の阻害のレビュー及び先順位の支払いの保証
  • 賠償金の分配が約款に基づいているかどうかの確認
  • 弁護士との協力による代替配分の確立、「バーン・レート」の将来予測
  • 補償金と経費の両方の支払いの精査

有害物質による不法行為の事案対応でお困りの場合には、お気軽にMDDまでご相談下さい。

By disabling cookies some features on the website (such as the IRB calculator) will not be available, do you still want to reject cookies?

Yes No