loading icon

グローバル・マネージング・パートナーからの皆様へのご挨拶

私は、幸運にもこの8年間、グローバル・マネージング・パートナーとしてMDDを率いる機会に恵まれました。その間にMDDは世界的な企業へと成長し、様々な業界や顧客の皆様へ、フォレンジック会計サービスを提供することができました。そこで、この度MDDでは、事業発展の一環として、新たにMDD International Limitedを設立いたしましたので、ご報告申し上げたく存じます。MDDのグローバルビジネス戦略の鍵は、顧客の皆様に対し、世界各地で高品質で一貫したサービスを提供させて頂くことです。MDD International Limitedは、この戦略を促進するネットワークとなります。また、これをもって弊社のリーダーシップを次の世代へと引き継ぐことで、新たなパートナーたちがサービスの範囲を地理的にも専門分野的にも拡大を続けながら、MDD創設者たちの意思を引き継ぐことが可能になると考えております。

MDDインターナショナルリミテッドより、ポール・マクゴーワン(Paul McGowan)が新たなグローバル・マネージング・パートナーに選任されたことを、ここにご報告させて頂きます。ポールは弊社の最高財務責任者であり、グローバル執行委員会の現メンバーでもあります。ポールの社内オペレーション知識及び率先した顧客サービスは、弊社内で共有しているビジョンを達成する為に必要な経験を提供しております。グローバル執行員会の委員であるジェリー・バウマン(Gerry Bouwman )、ジョン・フォーリー(John Foley)、マーカス・ハイス(Markus Heiss)、フィリップ・テイラー(Phillip Taylor)そしてポールと共に、私は今後も現役役員を継続し、円滑な移行を実現させ必要に応じて支援をしていくことになります。私は今後も米国でのパートナーを継続し、必要に応じてグローバルベースで顧客へサービスを提供して参ります。

また、ケビン・フラハティ(Kevin Flaherty)が新たに米国のマネージング・パートナーに選任されたと同時に、ピーター・カールツ(Peter Karutz)およびケント・ボグダン(Kent Bogdan)が、ケビンと共に米国執行委員会のメンバーとして選任された事をここにご報告いたします。彼らは、カナダのブラッド・エベル(Brad Ebel)、ヨーロッパのフレミング・ジェンセン(Flemming Jensen)、アジアのフィリップ・テイラー(Phillip Taylor)、ラテンアメリカのマルセロ・ファジョー(Marcelo Fazio)およびオーストラリアのクリス・エーラーズ(Chris Ehlers)と共に、弊社のグローバルリーダーに加わることになります。そして、顧客の皆様に対しフォレンジック会計サービスにて世界一のソリューションを継続して提供させて頂くよう務めて参ります。

弊社だけではなく、弊社がサービスを提供させて頂く業界は、急速に変化をし続けています。MDDのグローバル組織と新たなリーダーは、そうした変化に対応する能力を持ち、ビジョンを達成しながらも、同時に弊社のコアバリューを忠実に守ることができると考えております。

MDDのビジョン:世界中の顧客・パートナーの堅実な財務意思決定を支援する信頼できるアドバイザーです。

MDDのコアバリュー:卓越性を持ち、また誠実であり、深く長い関係性を持ち、ビジネスパートナーに敬意を払い、社員へワークライフの調和を提供し、そして世界に通用する顧客サービスを提供し続けます。

最後に、皆様からの継続的なご支援と、深い友情に感謝を申し上げます。弊社社員一同より、心から御礼申し上げます。

Bill Bradshaw
Global Managing Partner, 2008 – 2016